新築住宅では子供の引きこもり防止の為、子供室を従来の家よりも比較的狭く設計する場合が増えています。

新築一戸建てについて。

Yahoo! JAPAN

新築一戸建てについて。

新築住宅での子供室の広さについて。

新築住宅を購入する場合、子供室のある住宅がほとんどだと思います。建売住宅ですとあらかじめ子供室の畳数は決まっていますが、注文住宅では子供室の広さについて考える必要があります。ここ数年のトレンドとしては、子供たちの引きこもり防止対策として、子供室は勉強と寝るだけの比較的狭い部屋にして、家族が集まるリビングなどにでてくるような設計が増えています。

引きこもりになる原因は人それぞれ違いますが、子供室を必要以上に広くして居心地をよくすることも原因の一つになりうると考えられています。飲み物が必要であればキッチンまで出てくるとか、あたりまえのことをあたりまえにするような間取りにするだけで効果があると考えられています。

小さいお子様などは、リビングやダイニングの親の目の届くところで宿題をしたほうが効率がよくなるという考えかたもあります。部屋に閉じこもって勉強するのは受験勉強が必要になる年齢からで良いと言われています。広い狭いという感覚は人それぞれですが、具体的に畳数を考えると、以前は6畳から8畳の子供室が多かったようですが、現在は4畳半から5畳程度が多くなっています。各家庭の教育方針によっては広い子供室が良いとする場合も当然ありますので、ご参考にして頂ければと思います。

PICK UP!