家を新築するときは建売住宅と注文住宅があり、選ぶことができますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。

新築一戸建てについて。

Yahoo! JAPAN

新築一戸建てについて。

新築の住宅を建てる時の選択

家を新築することは、人生の一大イベントです。これから長い間住む予定になるので、出来るだけ自分の満足行くものにしたいです。まわりの環境も大事なので、近くにどのようなお店があり、駅まではどのくらいかかるのかなども調べておきたいです。家を建築するときに、二通りあります。まず、建売住宅と注文住宅があります。建売住宅は、すでに家が建築済みであったり、もうすぐ完成しそうな物件になります。住宅の値段がきまっているので、購入金額に合わせたものを選ぶことができます。しかし、もうすでに出来上がっているため、万人受けするような定番の作りになっています。そのかわり、購入する家を見ることが出来るので実際に住んだときをイメージしやすいです。入居までも早くスムーズです。

もう一つの注文住宅は、自分の建てたい家を要望できるので、理想の家に住むことが出来ます。例えば、リビングとダイニングを広めに取ったり、吹き抜けにしたりを選ぶことができます。こだわりを持つところにはしっかりと費用をかけ、逆にあまりこだわらない部分は費用を抑えたりすることが出来ます。将来増築しやすくするように建てることも出来ます。しかし、たくさん打ち合わせが必要になるので、完成して入居するまでが長いです。

PICK UP!