新築の家で見られるシックハウス症候群は、原因となる化学物質の使用を抑えることで防ぐことができます。

新築一戸建てについて。

Yahoo! JAPAN

新築一戸建てについて。

新築住宅の材料にこだわる

新築住宅に引越した時に生じるシックハウス症候群は、化学物質過敏症とも言われます。これは、壁紙やそのほかの資材に使用されている接着剤や塗料などの化学物質により起こるものです。コストを抑えるために原因となる化学物質が多く含まれる材料を使用する事が原因です。近年では、このようなシックハウス症候群にならないためのさまざまな資材が開発されています。原因となる化学物質の使用を抑えた接着剤や壁紙などが販売されています。一般的なものに比べて価格は高めとなりますが、安全性に最大の配慮をしている製品です。インターネットなどでも数多くの製品を検索することができます。

また、昔から使用されている資材なども見直されています。昔の日本家屋でよく使用されていた漆喰の壁などは、天然の材料から作らています。また、最近では、珪藻土を使用した壁なども注目されています。家を建てる時の材木なども、合板ではなく、天然の材木を使用することにこだわっている建築業者などもあります。このように、使用する資材などに気を配ることで、シックハウス症候群になる可能性を低減させることができるのです。また、入居してすぐは、換気などにも気をつけるとよいでしょう。

PICK UP!