新築工事前に行う地鎮祭について、どうやって手配するか、金額は、日取りは、について簡単に紹介しています。

新築一戸建てについて。

Yahoo! JAPAN

新築一戸建てについて。

新築工事前の地鎮祭につていの紹介

新築物件を建築する際、工事を始める前に行う大切な儀式があります。それが地鎮祭です。個人の戸建物件建築の際に行わなくてもOKですよとおっしゃるメーカーも増えてきましたが、基本的に「土地を利用することをその土地土地の神様にお許しいただく」ための儀式ですので、行うことが一般的かと思います。さて、この地鎮祭について、簡単に紹介をさせていただきます。

まず、どのような儀式かというと、土地の神様に捧げ物をしてお祓い・祝詞をあげ、施主・施工業者が鋤・鍬を入れて、工事の安全祈願を行うものです。基本的に約1時間〜2時間程度で執り行われます。次に、どこにお願いすれば儀式をしてもらえるかというと、本来はその土地の氏神様を祀っている神社に頼むことが一般的です。最近では近隣の神社にお願いすることも多いですが、住宅メーカーが手配してくれることも多いので、そちらにお任せするのがスムーズかもしれません。「建築の神様」として有名な神社にお願いすることもできますが、交通費がかかってしまいますので予算と相談してくださいね。日取りは、大安・先勝・友引など六輝での吉日に行うことを良しとし、午前中に行うことが一般的となっています。気になる金額ですが、基本的に住宅メーカーへの支払いは発生しません。神主様への初穂料が大体1〜5万円程度、また、神主様が車で来られた場合は別途、車代として3千〜1万円程度包む場合が多いようです。金額に決まりまありませんので、迷った場合は住宅メーカーの担当者などに聞いてみましょう。以上が、簡単な地鎮祭の概要でした。

PICK UP!