新築の注文住宅を建てるときにはじつにさまざまな経費や費用がかかってきます。本体工事費や別途工事費などです。

新築一戸建てについて。

Yahoo! JAPAN

新築一戸建てについて。

新築注文住宅にかかる費用

新築物件の中でも、建売住宅は比較的安い価格で購入できて、注文住宅は比較的高額になるという話があります。注文住宅は家へのこだわりが強い方が購入されるので、ある程度金額が高くなってしまうのは仕方ないかなというところですね。費用に関しては違いはあるのでしょうか。注文住宅は建売住宅とは違いさまざまな費用が個別にかかってきます。まずは土地を購入する代金が必要で、そして建物を建てるための本体工事費がかかってきます。そしてエクステアリや内装のための別途工事費という費用もかかるのです。設計事務所に依頼する場合にはその他に設計料もかかってきます。これは建設費用の約10%程度かかるとされています。また土地の検査をして地盤が悪ければ地盤改良の工事も必要です。このようにさまざまな経費がかかるのが注文住宅の特徴です。

建物語っている土地を購入した場合にはこの建物を解体する費用もかかってきてしまいます。さらに配管工事や外交工事も必要です。建築が始まったら地鎮祭や棟上げなどにご祝儀を支払って職人さんをねぎらうこともあります。こうした細やかな気配りで職人さんの士気も上がるからです。こうした経費の中には分譲住宅では支払う必要のないものもありますから、こだわればこだわるほど、理想の注文住宅には費用がかかってくるものなのです。

PICK UP!