新築の家を建てるときの相談先として、ハウスメーカー、地元の工務店、建築事務所、の3種類の選択肢があります。

新築一戸建てについて。

Yahoo! JAPAN

新築一戸建てについて。

新築の家を建てるときの3種類の業者

新築に関する相談をする時、だいたい以下の3種類の業者が選択肢としてあげられます。ハウスメーカー、地元の工務店、建築事務所、です。まず、ハウスメーカーのメリットとして、全国規模で安心感があること、誰にでも受け入れやすい建物を建ててくれること、などがあげられます。デメリットとして、建てるときに制約が多いので施主の希望が通らないことが多い、受注価格が高い、ことなどがあげられます。次に地元の工務店のメリットとして、融通がきくことがあげられます。デメリットとしては、規模が小さいので工務店の情報が入ってこない、手抜き工事の可能性もある、などがあげられます。建築事務所のメリットは、知識が豊富なところです。デメリットとしては、プライドが高いこと、価格が高いこと、です。

どこの業者にしてもメリットとデメリットというのは存在します。また、これは一般的な傾向というだけで、必ずしも全ての業者がこの性格の分類に当てはまると言うわけでもありません。ほとんどは大手のハウスメーカーか、地元の工務店に相談に行く選択をするようです。どこの業者を選ぶにしても、新築の家に対する希望や不安を真剣に聞いて力を貸してくれる業者を選びましょう。

PICK UP!