家に屋上のある新築の家ならば、エコのために草屋根にしてみるとオシャレで涼しいというメリットがあります。

新築一戸建てについて。

Yahoo! JAPAN

新築一戸建てについて。

屋上のある新築の家の工夫

夏になると、緑のカーテンを目にすることが増えました。緑のカーテンというのは、ヘチマや朝顔などのツタ植物によって作られる日よけのことです。ツタについた葉っぱのおかげで、直射日光を遮ってくれるので、日陰になった部分の温度を下げてくれるのです。ツタ植物は暑さにも強いので枯れにくく、生命力たくましいです。植物を使った家の工夫として、屋上緑化というものもあります。新築の戸建てやマンションなどでは、屋上庭園が作られていることも多くなりました。戸建てで屋上がついている家というのはそんなに多くありませんが、そういう家ならば草屋根というものにチャレンジしてみるといいかもしれません。

これから新築で家を建てる人ならば、屋上を草屋根にして欲しいとハウスメーカーや地元の工務店に頼んでみましょう。コストはかかりますが、エコになりますし、インテリアとしても良いです。夏には体感温度を下げてくれる効果も期待できます。屋上の使い方は色々あるでしょうが、緑があると生き生きするものです。大手のハウスメーカーなどでは面倒な施工は断られる可能性が高いかもしれませんから、草屋根を頼むのであれば、地元の工務店に頼んだ方が聞き入れてもらえる可能性は高いです。

PICK UP!