新築する際に必要な頭金をどのくらいためられればいいかを、具体的な金額とともに述べていきます。

新築一戸建てについて。

Yahoo! JAPAN

新築一戸建てについて。

新築の際の頭金の準備について

新築住宅を建てる際には、ローンを組むと思いますが、頭金があればローンを組むのがとても楽になると思います。しかし、頭金を貯めていては家を買うタイミングを逃してしまいかねないのも事実です。ここでは、貯めていく頭金の金額の目安を述べていきたいと思います。頭金の金額は、実際に家を買う金額の3割が妥当だとされています。一軒家の場合、2000万の家を買ったとしたら600万円です。これはなかなか大きい金額ですよね。

しかし、貯められない額でもないはずです。頭金をしっかり貯めることをお勧めする理由は、ローン返済が楽になるだけではなく、利息がかからなくなるという利点があるからです。例えば、2000万円の住宅を頭金0円で買った場合、2000万円を返済する際すべてに利息がつきます。分かりやすい数字で、5%つくとしたら、100万円利息がつく計算です。しかし、600万円頭金で払うと、残りは1400万円のため、70万円になります。なにもせずに金利が安くなってしまうのなら、やってみる価値があると思いませんか。

頭金をためるのは大変ですが、独身時代からきちんとお金をためることができる生活をしていれば、月収が低くても年間50万円はためることができます。2人で100万円のため、6年あればためられる計算になります。

PICK UP!