新築の家に対して、梅雨の時期には気を遣いましょう。梅雨に入る前に問題のある箇所は直しておくべきです。

新築一戸建てについて。

Yahoo! JAPAN

新築一戸建てについて。

梅雨の時期の新築のお手入れ

先んずれば人を制す、と言いますが、新築の家に関しても梅雨の時期に入る前に家のメンテナンスをしておくことで安心して維持することができます。梅雨というのは一年でも最も降水量が多く、湿度も高くなります。人間にとって不快なこの梅雨の時期は、実は家にとっても不快な時期なのです。家も生きていると考えれば、湿度の高いこの時期は不快な時期と言えるでしょう。新築の家にとって怖いのは、水分によって劣化が進んでしまうことです。しっかりとした構造ではない家では、微細な傷から雨水が入り込んで、内部構造を腐らせてしまったり、カビを発生させることもあります。

一度内部構造までやられてしまうと、高額の修繕費がかかることもあります。こうならないためには、梅雨の時期に入る前にメンテナンスをしておくことが重要です。もし屋根瓦が割れている部分があることに気づいたり、壁に小さなひびを見つけたりしたならば、梅雨に入る前に修繕を頼んでおきましょう。梅雨に入ってからだと、接着剤が使えないので修繕できない、なんていう事態に陥ることもあるからです。新築の家はデリケートなものですから、梅雨の時期に入る前に点検を受けておいて、メンテナンスをしておきましょう。

PICK UP!