新築の家を建てる際に業者に相談に行く前に、施主として正しい建築知識をつけておくべきです。マンガが便利です。

新築一戸建てについて。

Yahoo! JAPAN

新築一戸建てについて。

マンガで建築の知識をつけてから新築の相談をしよう

相手と対等に話すには、正しい知識を身につけていることが前提条件です。新築の家を建てる際、ハウスメーカーや地元の工務店に赴いて相談することになるかと思いますが、ここで全く建築の知識を持っていないと、相手からの一方的な説明を聞いて決めなければならないことになります。そして大抵は、よくわからないからプロに任せておけば大丈夫だろうということで自分ではよく分からないままに新築の家を建て始めることになります。しかし、これから長い間住むことになる自分の家に対して、こういういい加減とも言える態度で臨むことは果たして正しいでしょうか?家は人生で最も高い買い物とも言われています。その家に対する姿勢としては、少々心構えが足りないと思います。

なので、相手の言いなりにならないためには施主が正しい建築知識を身につけておく必要があります。不動産のセミナーや講習会に参加すれば分かりやすく教えてもらえます。もし時間がないようでしたら、マンガで学ぶのがオススメです。文章だけで書いてあると分かりにくいですが、マンガならば気軽に読むことができます。頭にも入りやすいです。そして理解したら初めて業者に相談に行くようにしましょう。そうでないと損をするのは自分です。

PICK UP!