新築の家というと思いだす家があります。叔父の家なのですが、とても立派な家で大好きな家でした。

新築一戸建てについて。

Yahoo! JAPAN

新築一戸建てについて。

新築というと思いだす家

新築と聞くと思いだす家があります。それは叔父の家です。建築されてからよく遊びに行きました。とても立派な家で、素敵な家でした。叔父が亡くなってしまったのでもうその家はないのですが、ないと思うと本当にさびしくなります。とても広い敷地で、門から玄関がみえないほどでした。

お茶室もあり、庭の植木は、スプリンクラーで水をやるというような形式で、昔としてはかなり珍しかったように思います。何せ本当に広いで自分で水やりは広すぎて難しかったのです。お風呂は五右衛門風呂でこれも珍しかったと思います。

家は平屋で廊下が長くあまりにもつるつる滑るので、小さな頃は転倒してしまったこともあります。本当に立派で素晴らしい家だったので、ときどき懐かしくなってまた行きたいなと思ってしまいます。早くに叔父がなくなってしまったので本当に残念でした。叔父が亡くなってしまってすぐに家が壊されてしまいました。なかなか今そのような家を建てることが難しいと思うし、もう無理なのではないかなと思います。小さな頃何度も行くことができて幸せだったなと思います。よい思い出を残すことができました。叔父に感謝しないといけないなと思ってしまいます。できたらもう一度あの家に行ってみたいなんて思ってしまいます。

PICK UP!