新築購入で失敗しないために、引渡し前に自分の希望通りの家が提供されているのか確認をきっちりとすべきです。

新築一戸建てについて。

Yahoo! JAPAN

新築一戸建てについて。

新築の購入で気を付けること

新築物件の購入で失敗しないためには、内覧会の時など、家の確認をしっかりとしましょう。お金を支払ってしまって、すぐに住みたいという気持ちを抑え、冷静に自分の希望通りの家が提供されているか、チェックが必要です。なぜ、事前に家を確認するかと言いますと、無理な施工や違法な建築が行われていないか、自分の目でちゃんと確認するべきだからです。万が一、直しが必要な事態が発生することも考えて、家の引き渡し前に数日の余裕を持ってください。よく、床下の断熱材がはずれかけていることがあります。このような工事の不備がありますと、光熱費が余計にかかり、経済的な負担がかかり、損をすることとなります。

新築物件でまさか工事に不備はないだろうという先入観は捨ててください。目に見えない部分でも、不備がある場合があります。急いで工事などが行われていると、このようなミスがよく発生します。もしも、自分たちだけで、家の確認をするのが不安な場合は、お金が少しかかってしまいますが、第三者に一緒に立ち会ってもらい、家の確認を専門的な視点でしてもらうことも有効な方法の一つです。費用はかかりますが、家は高価な商品ですので、失敗すれば後々費用がもっとかかります。

PICK UP!