新築には建売と注文住宅があり。それぞれ価格の安さやカスタマイズできるなどのメリットがあります。

新築一戸建てについて。

Yahoo! JAPAN

新築一戸建てについて。

新築は建売か注文住宅か

みなさんは新築と言いますと、どのようなイメージがありますか。一般的に、建売住宅と注文住宅に分かれますが、それぞれどのようなポイントがあるのでしょうか。まず、建売住宅は、注文住宅よりも価格が抑えられており、リーズナブルです。自分の好みに合う住宅が建売であれば、購入するのもいいですね。建売と言いますと、荒い造りがされているのではないか、適当な建築がされているのではと心配される方がいますが、注文住宅と同様に業者に質問や確認をすることができます。必ず、確認してから購入するようにしましょう。

そのほかの建売の新築物件は、もう家のイメージを購入前に見ることができるので、後々イメージと違うという問題は起きません。注文住宅ですと、建ててしまってから、自分の希望と違うということもたまにあります。しかし、注文住宅の方が自分の生活スタイルに合わせた家を建てることができます。部屋数や間取りを自由に決めることができます。お年寄りのいるご家庭では、バリアフリーに力を入れることができますし、お子さんの数が多いご家庭であれば、小さな部屋数を増やすこともできます。建売ですと、自由にカスタマイズしにくいです。費用についても建売よりもかかります。

PICK UP!